大腸カメラを楽に受けようよ!
大腸の検診
便潜血検査
注腸検査
大腸検査を比較
大腸カメラとは
大腸カメラとは
大腸ポリープとは
検査の費用
大腸カメラを楽に受けよう!
大腸検査の流れ
大腸カメラQ&A
大腸癌が急増!
大腸癌の危険因子
 陽性だったのに異常なし?!
胃カメラを楽に受けようよ!
胃・大腸・肛門病センター
アイビー大腸肛門クリニック
大腸カメラを楽に受けようよ!

HOME >コラム:大腸癌が急増!

大腸癌が急増!厚生労働省16年度統計『死因順位』から

平成16年 厚生労働省 人口動態統計月報年計(概数)の概況が発表されました。

1)死因順位
死亡数を死因順位別にみると、
第1位は『悪性新生物』で32万 315人、死亡率(人口10万対)253.9、
第2位は『心疾患』15万9490人、126.4、
第3位は『脳血管疾患』12万9009人、102.2となっています。

死因順位

主な死因の年次推移をみると、『悪性新生物』は一貫して上昇を続け、昭和56年以降死因順位第1位となり、平成16年の全死亡者に占める割合は31.1%となっており、前年の30.5%より0.6ポイント増加しているのがわかります。

全死亡者のおよそ3人に1人は『悪性新生物』で死亡したことになるのです。

主な死因別に見た死亡率の年次推移
死因順位

2)部位別にみた悪性新生物

『悪性新生物』について死亡数・死亡率を部位別にみると、 男性の「肺」の上昇傾向が著しく、平成5年に「胃」を上回って第1位となり、 平成16年の死亡数は4万3910人、死亡率(人口10万対)は71.3となっています。

悪性新生物の主な部位別にみた
死亡数・死亡率(人口10万対)の年次推移
死因順位

女性の「大腸」は上昇傾向が続いており、15年に「胃」を上回り、2年連続で第1位となっており、平成16年の死亡数は1万8206人、死亡率(人口10万対)は28.2となっています。

悪性新生物の主な部位別死亡率の年次推移
死因順位
大腸カメラを楽に受けようよ! 腸のクスリ辞典 大腸の病気辞典 ホームへ プライバシーポリシー サイト運営に関して