大腸カメラを楽に受けようよ!
大腸の検診
便潜血検査
注腸検査
大腸検査を比較
大腸カメラとは
大腸カメラとは
大腸ポリープとは
検査の費用
大腸カメラを楽に受けよう!
大腸検査の流れ
大腸カメラQ&A
大腸癌が急増!
大腸癌の危険因子
 陽性だったのに異常なし?!
胃カメラを楽に受けようよ!
胃・大腸・肛門病センター
アイビー大腸肛門クリニック
大腸カメラを楽に受けようよ!

HOME >大腸ポリープとは

大腸ポリープとは

病態 大腸ポリープは、大腸の内側の壁にできた、腫瘍(しゅよう)の総称です。大腸ポリープには、そのまま放置しておいても大丈夫な良性のものや、がん化するもの(など、いくつかの種類があります。
分類 腺腫性ポリープ:孤立性ポリープで通常20mmを越えるものは癌化しやすかったり、すでに一部が癌化している可能性があります。 非腺腫性ポリープ: 過形成性ポリープ、炎症性ポリープ、脂肪腫
症状 多くは無症状です。大きくなってくると便潜血検査で陽性率が高まりますが、上記のごとく大きくなってからでは癌化の危険性があり、症状がないうちに検査をすることが賢明です。
検査 多くの施設では、消化管造影(バリウム検査)で病変の存在を確認しますが、下記の表のように、結局ポリープが疑われる際には確定診断には大腸内視鏡を行い、切除し組織検査をする為、はじめから大腸内視鏡を施行するのが、常識になりつつあります。
治療 ポリープは直径5mmを越すと、腺腫性であることが多く、ガン化の危険を秘めているため、治療をするのが一般的です。直径が2cm以下であれば、内視鏡で取ることができます(内視鏡的ポリープ切除術)が、それ以上のものは、外科手術の適応になります。

内視鏡的ポリープ切除術

具体的に内視鏡的ポリープ切除術をイラストでご説明しましょう。

内視鏡的ポリープ切除術

内視鏡で取れた場合にも、その断端(切り口)にポリープの細胞がある場合には取りきれていないと考えられるので、追加切除として手術が必要な場合もあります。つまり、

内視鏡的ポリープ切除術

切除された大腸ポリープは顕微鏡にてそのポリープの中に悪性の細胞がいないかどうかを病理検査に提出します。もっとも悪性の変化がなくとも、正常な大腸の粘膜からどのくらいの異型性(変化)があったかもわかります。

Group分類 定義 主な対応病変
Group1 非腫瘍性で異型のない粘膜組織。 正常粘膜。過形成粘膜。
Group2 非腫瘍性で異型を示す病変。 炎症性あるいは再生性変化。
(軽度異型を示す過形成性ポリープ)。
Group3 腫瘍性で軽度から中等度異型を示す病変。 軽度〜中等度異型の腺腫。
Group4 腫瘍性で高度異型を示す病変。 高度異型の腺腫。
きわめて分化のよい高分化腺癌が含まれうる。
Group5 明らかに癌と診断しうる異型を示す病変。 癌と断定。

写真で解説!!

ポリープ
ポリープ
ポリープ

ポリープを認めます。
これでだいたい15o位の大きさです。

根っこの部分を絞めて血管を遮断します。 切除後の状態です。 きれいに切除でき、出血もしていません。
大腸カメラを楽に受けようよ! 腸のクスリ辞典 大腸の病気辞典 ホームへ プライバシーポリシー サイト運営に関して