肝臓

肝臓は三大栄養素(糖、タンパク質、脂肪)やビリルビン、ホルモンなどの代謝を行います。

糖代謝

体の維持や運動には絶えずエネルギーが必要です。エネルギーとして利用できるもっとも重要な物質は糖質である「グルコース」です。食後は必ず血糖が上昇しますが、血糖が上昇するとグルコースはまず肝細胞内にグリコーゲンとして蓄えられます。そして時間がたって血糖が下がると蓄えられていたグリコーゲンが分解されてグルコースになり、血糖を調節しているのです。

タンパク質代謝

タンパク質は血液の膠質浸透圧の維持、物質の輸送、酵素反応、血液凝固などに関わっており、中でも「アルブミン」は血管内の浸透や物質の輸送に関係しています。

肝機能障害になると

血液中のアルブミンの濃度が下がると浸透圧が維持できなくなり水が血管内に漏出し浮腫みや腹水などの症状が出てきます。

脂肪代謝

脂肪の代謝に関して、脂肪酸、中性脂肪、コレステロール、リン脂質などの脂肪は肝臓が合成します。

ビリルビンの代謝

赤血球が壊れてできるビリルビンは黄褐色を呈します。血液中のビリルビンは肝細胞に取り込まれ胆管に排泄された後十二指腸に流れ込み消化管に達します。そこで食物と混ざることで消化吸収を助け便を黄土色にします。

肝障害や胆管の流れが悪くなる(胆管結石、胆管腫瘍、胆管の炎症など)と、胆汁の流れが悪くなり血液中のビリルビンが濃くなり黄疸を呈します。最も最初に黄疸が目立つのは眼球結膜です。また尿の色も茶系が濃くなります。

血液の凝固

肝臓は血液凝固に関わっている「凝固因子」を作っています。肝障害がひどくなると、凝固因子が低下し出血しやすかったり、血が止まりにくくなります。

解毒

薬物、アルコール、毒素など体外から進入した物質を代謝して無毒にする役割もあります。

肝機能が低下すると

体内で生じた代謝物質が血中に蓄積されてしまいます。
これが脳に達すると精神障害をも引き起こす原因になります。

肝臓の病気

  • A型肝炎
  • 薬剤性肝障害
  • B型肝炎
  • 脂肪肝
  • 劇症肝炎
  • 肝血管腫
  • 自己免疫性肝炎
  • 肝膿腫
  • 肝硬変
  • 肝嚢胞
  • 肝細胞癌
  • 門脈圧亢進症
  • アルコール性肝障害

関連記事

PAGE TOP