痔瘻(じ・ろう)

前ページ
病態 穴痔と言われてきました。肛門の奥から細菌が入って肛門周囲が化膿したものを肛門周囲膿瘍と言います。そして、細菌の通過した穴を痔ろうといいます。
症状
治療 肛門周囲膿瘍は強い痛みと熱感を生じます。この段階では切開により早急に膿(うみ)を出すことが必要です。(応急処置)。そして、痔ろうはそのままにしておくと再び化膿し肛門周囲膿瘍を伴うため、炎症の落ち着いたところで穴を切除する手術が必要です。