食道裂孔ヘルニア

esophageal hiatal hernia

前ページ
病態 横隔膜の食道裂孔にて食道と胃はつながっています。食道と胃のつなぎ目の筋肉が弱くなると、隙間が大きくなり、胃が食道の方にずれてきます。
ヘルニアが高度になると胃の中身が食道に逆流し食道の炎症を招きます。
分類 先天性と後天性のものがありますが、大多数が後天性です。
1)滑脱型  2)傍食道型  3)混合型 に分別されます。

1) 滑脱型: 胃と食道のつなぎ目(噴門)が胸腔内に入ってしまうため,胃液の逆流を防ぐしくみが働かなくなり、胃液の食道内逆流がおこります。

2) 傍食道型: 食道裂孔の部分で脱出した胃が締め付けられて胃粘膜からの出血や、血の巡りが悪くなったりします。

症状 初期には症状はとくにありません。進行すると、強い胸焼けを呈しますが、時に胸痛も呈し狭心症発作の症状に似る為、心臓内科に受診される方も多くみられます。
検査
消化管造影検査:バリウムにより食道・胃の造影検査をします。

上部内視鏡検査(胃カメラ):
内視鏡で、胃が食道の方に脱出していないかを調べます。写真はカメラの周囲が広く隙間の空いているのがわかります。また、食道炎の有無もわかります。

治療 症状がある場合には、それに応じて治療をしますが、ゆるくなったつなぎ目を治す方法は現在手術以外にはありません。手術はよほど重度の症状でない限りほとんどされません。
生活上の注意として、食後すぐに横にならない、寝る直前に飲んだり食べたりしない、腹八分目の食事を心がけるなどの工夫が必要です。