胃カメラ(内視鏡)を楽に受けようよ!|胃カメラとは:胃カメラとは
胃カメラを楽に受けようよ
胃の検診
胃がんの血液検査
バリウム検査
胃の検査を比較
胃カメラとは
胃カメラとは
胃カメラは辛い?
胃カメラ検査の頻度
胃の生検結果
胃カメラを楽に受けよう
楽に受けるには
前投薬のレベル
前投薬使用の賛否
医療機関案内
胃カメラQ&A
胃カメラQ&A
コラム
慢性胃炎の仕組み
大腸癌の危険因子
大腸カメラを楽に受けようよ!
胃・大腸・肛門病センター
アイビー大腸肛門クリニック
胃カメラを楽に受けようよ!

HOME >胃カメラとは:胃カメラとは

胃カメラとは

「胃カメラ」の正式名称は「上部消化管内視鏡検査」といいます。カメラ(内視鏡)を口から(最近は鼻から挿入するところもありますが)食道→胃→十二指腸の中に入れて、先端についている超小型のカメラで中の様子をテレビ画面に映し出して観察するものです。

技術の進歩により、内視鏡はとても細くなってきましたが(細いものは外径約5mm)人間は異物が咽頭(のど)に触ると反射によりそれを吐き出そうとします。(無意識)その反射はいくら抑えようと思っても自分ではどうしようもなく、リラックスリラックスと自分に言い聞かせてもかえって堅くなってしまい辛くなってしまうのです。


山田医師

アイビー大腸肛門クリニック 山田麻子医師

胃カメラのイメージは?!

みなさん胃カメラはつらいと思っているでしょう?次のアンケート結果を見てください。これは『いっくんとコロンちゃんの胃腸.JP』というサイトでの『胃カメラに対する意識調査』です。 

アンケート 対象:インターネット媒体『胃腸.JP』訪問者
期間:2004年1月〜3月実施
人数:742人
胃カメラのイメージは?
アンケート
  (人)
辛い 286
苦しい 359
怖い 217
問題なし 27
不明 23

胃カメラこのように胃カメラを「辛い・苦しい・怖い」と考えている方は非常に多いのです。

このような先入観による恐怖心がより一層胃カメラへの道を閉ざしてしまうのです。

 

胃カメラを楽に受けようよ! 胃のクスリ辞典 胃の病気辞典 トップへ プライバシーポリシー サイト運営に関して おすすめサイト