胃カメラ(内視鏡)を楽に受けようよ!|胃の検診:胃がんの血液検査
胃カメラを楽に受けようよ
胃の検診
胃がんの血液検査
バリウム検査
胃の検査を比較
胃カメラとは
胃カメラとは
胃カメラは辛い?
胃カメラ検査の頻度
胃の生検結果
胃カメラを楽に受けよう
楽に受けるには
前投薬のレベル
前投薬使用の賛否
医療機関案内
胃カメラQ&A
胃カメラQ&A
コラム
慢性胃炎の仕組み
大腸癌の危険因子
大腸カメラを楽に受けようよ!
胃・大腸・肛門病センター
アイビー大腸肛門クリニック
胃カメラを楽に受けようよ! 胃カメラを楽に受けようよ! 胃のクスリ辞典 胃の病気辞典

HOME > 胃の検診:胃がんの血液検査

胃がんの血液検査:ペプシノーゲン法とは?

ペプシノーゲン法とは簡単に言うと「血液検査の胃がん検査」のことです。 「えーっ、血液の検査で胃がんかどうか分かるの?」と驚かれる方も多いでしょう。

結論から言うと血液検査で胃がんかどうかは分かりません!! えっではどういうことなの?

ではここでペプシノーゲン検査をご説明しましょう。

ペプシノーゲン法とは?

加齢とともに胃の中はくたびれてきます。これが慢性胃炎(萎縮性胃炎)です。

慢性胃炎は胃の表面にある粘液が薄いので、胃は常に自分で分泌した胃液(胃酸)により攻撃を受けることになります。この攻撃が長年続くと胃粘膜が荒れて、時に変性し「がん化」することになるのです。

ペプシノーゲン検査とは、血液中のペプシノーゲン値を測ることでこの「慢性胃炎」の進み具合を調べる検査なのです。

陽性と判断された場合は、胃に慢性的な刺激が常に加わっているということで、この慢性的な刺激が胃がん発生と密接な関係を持っており、慢性萎縮性胃炎は胃がんの高危険群なのです。

慢性萎縮性胃炎を的確に診断することが、胃がんの早期発見と早期診断の向上に有効となりますがこの検査はあくまでも胃の萎縮のマーカーであり、癌の特異的なマーカーではないということです。

ペプシノーゲン法とは注意!

  1. 要するに、『結果が陰性でも必ずしも癌がないということではない』のです!
  2. しかし慢性萎縮性胃炎は胃がんの高危険群なのですから「早期胃がんの検診」としては簡便な方法として普及しています。

 

トップへ プライバシーポリシー サイト運営に関して おすすめサイト