胃カメラ(内視鏡)を楽に受けようよ!|胃カメラを楽に受けよう:楽に受けるには?
胃カメラを楽に受けようよ
胃の検診
胃がんの血液検査
バリウム検査
胃の検査を比較
胃カメラとは
胃カメラとは
胃カメラは辛い?
胃カメラ検査の頻度
胃の生検結果
胃カメラを楽に受けよう
楽に受けるには
前投薬のレベル
前投薬使用の賛否
医療機関案内
胃カメラQ&A
胃カメラQ&A
コラム
慢性胃炎の仕組み
大腸癌の危険因子
大腸カメラを楽に受けようよ!
胃・大腸・肛門病センター
アイビー大腸肛門クリニック
胃カメラを楽に受けようよ!

HOME >胃カメラを楽に受けよう:楽に受けるには?

胃カメラを楽に受けるポイントは「適切な前投薬」

さてそれでは胃カメラを楽に受けるにはどうしたらいいのでしょうか?

ポイントは(1)適切な前投薬と(2)熟達した挿入技術です!!

内視鏡を専門とする医師であれば、「熟達した挿入技術」は当然と考えます。一番問題となるのは「適切な前投薬」です。

前投薬とは検査の前に使用する薬のことを言います。

「大病院で、専門医の胃内視鏡検査を受けたが、検査はかなり苦しかった。」という話を患者さんから聞くことがあります。医療側の反論としては、『件数に追われて、忙しくていちいち楽さなんて追求できない!』『回復室がないので薬を使って楽に検査をしてあげたくてもできない』なんて言葉もちらほら聞きます。

苦痛のない胃内視鏡検査には、前投薬が一番大切です。しかしこの違いを知らない方が多いのです! 

アンケート 対象:インターネット媒体『胃腸.JP』訪問者
期間:2004年1月〜3月実施
人数:742人
前投薬を使用しての『胃カメラ検査』をご存知?
アンケート
(人)
知らなかった 534
聞いたことあり 141
知っていた 67
胃カメラを楽に受けようよ! 胃のクスリ辞典 胃の病気辞典 トップへ プライバシーポリシー サイト運営に関して おすすめサイト