浣腸剤

グリセリン浣腸液

分   類:その他の下剤

用法・用量:50%液を30ml〜120ml 使用

禁   忌:悪心・嘔吐、腹痛、腸管内出血、腹腔内炎症、腸管穿孔、全身衰弱下部消化管術直後

ケンエーG 浣腸30mlの画像

ケンエーG 浣腸30ml

ケンエーG 浣腸60mlの画像

ケンエーG 浣腸60ml

ケンエーG 浣腸120mlの画像

ケンエーG 浣腸120ml

 


このクスリは何に効くのですか?

肛門部より注入することによって、腸管内容積を増やして腸管の動きを促し、排便させます。 適応症:便秘・腸疾患時の排便

この薬の飲み方は?

各医療機関で処方される浣腸の形は色々ありますが、使用方法はほとんど同じです。 見たことのない浣腸を渡された場合は、医療機関・薬局の方に尋ねてください。 注入後、すぐにトイレに行かず多少時間を置いてください。言われた時間を守ろうとして トイレに間に合わなかった、ということが無いように無理な時はトイレに行ってください。

他のクスリとの飲み合わせは?

この薬は他の薬との併用は大丈夫と考えられます。 他の医療機関にかかった時は「グリセリン浣腸を使用している」と申し出てください。

副作用はありませんか?

この薬を内服中に目的以外の効果 が現れることがあります。内服を始めて、いつもと違うことに 気がついたら、勝手に内服を止めず医師の診察を受けてください。 ここに記す副作用以外にも起こる可能性はありますので、参考程度にお読みください。 湿疹など


薬のindexへ /  胃腸.JPのTOPへ /  肛門大腸.COMのTOPへ /  寺田病院HPのTOPへ