苦痛のない検査

大腸内視鏡(大腸カメラ)の苦痛はもっと直接的です。これは腸管の屈曲した部分を硬い内視鏡を無理に押し込んで通過させようとすることから起こります。胃内視鏡のように浅い麻酔で消える性質のものではありません。痛みの程度は患者さんの感覚の違いではなく術者の技術に関係しているのです。
同じ患者さんでも挿入の仕方により苦痛は驚くほど違います。
経験豊富な専門の医者は「軸保持短縮法/少量送気法」という技術を使い検査を施行しますが完璧にマスターするまでは2000件以上の内視鏡検査歴が必要とされ習得に難しく、まだできる医者はさほど多くはないのが現状です。

関連記事

PAGE TOP