苦痛のない検査

多くの方が「胃カメラは苦しい!」「大腸カメラは痛い!」 という考えをお持ちではないでしょうか? 胃内視鏡(胃カメラ)の苦痛はのどの奥をカメラが通るときに起こる「反射」、のどを管が通っていることや、胃のなかをカメラが動くことによる「異物感」、 胃が空気で膨らむ 「膨満感」 などからなります。苦痛の本質は「異物感と反射」ですので「のどの敏感な人」ですと、 どんな名人が検査しても苦痛をゼロにすることはできません。 しかし浅い麻酔を使い反射を抑え、異物感をとれば信じられないほど楽に検査ができます。

多くの診療所では麻酔後の回復室が完備してなかったり、 検査時間に追われるため麻酔を使う施設は限られます。麻酔下に検査をしてくれる施設を探すことから始めましょう。

関連記事

PAGE TOP